自動二輪車の巻

品monoの章 乗りmonoの章 印刷monoの章 食べ物の章 生き物の章
建monoの章 流行monoの章 みやげmonoの章 着monoの章 他のmonoの章

自転車 自動二輪車 自動車 蒸気機関車 スーパーカー
昭和50年頃だったかな?に自動二輪免許も暴走族対策を名目に中型限定(400ccまで)、小型限定(125ccまで)と分け
400ccを超えるものは試験場でしか免許を取るすべがなくなりました。しかもなかなか合格できないという厳しい免許になりました。
そこで、400ccの単車がスポットを浴び、各社の競争が始まりました。

         ホンダ XE50
私の最初のバイクが左のホンダXE50
購入時にはすでにモデルチェンジ済で
前の型の売れ残りが安く買えました。
新聞配達のバイトで購入しました。
パワーはさっぱりありませんが、
やはり楽しいものでした。
当時はまだ原付はヘルメットは
義務付けされてませんでしたが
やはりノーヘルは怖いので
ほとんど被っていたもんです。


 スズキ GS400


GS400のメーター


ホンダ CB400F


4in1集合管
GS400はギアインジケーター付400ccクラス最初のDOHC、 CB400は4in1の集合管がきまってました
普通免許の後、二輪免許をとり、GS400、CB400、GSX400Eと3台乗りましたが、
どうも私は四輪はそこそこだが、二輪は才能が無い為乗るのをやめました。
写真の2台は共に36ps、馬力は同じでしたが、味は全く違うものでした。
かたやDOHC180度クランクTWIN、かたやOHC4気筒。 パンチはGS、スムーズさはCBでした。いまでは怖くてもう乗れません。
憧れの単車はカワサキ750RS  あの流麗なスタイルはかっこいい! だもんで、ちょっとラインの似ているGS400を買ったのでした。
400cc戦線は最初はメーカーも特別に造ってはなかったのでHONDAはCB400Fの排気量408ccを398ccにダウンし、
セミフラットハンドルのF-T、アップハンドルのF-Uを送り出し、SUZUKIの2ストGT380と人気を競っていました。
左は、当時のスーパーバイク
BMWR90RS

その辺で撮らせてもらった写真です。
トップページに戻る