F1キャップの巻

品monoの章 乗りmonoの章 印刷monoの章 食べmonoの章 生きmonoの章
建monoの章 流行monoの章 みやげmonoの章 着monoの章 他のmonoの章

F1キャップ
 初めてF1が日本で開催された昭和51年、日本はスーパーカーブーム、
レーシングブームであり、だからこそF1が開催されたわけであるが・・・
それに乗じた、色々な商品が売られたものである。
このF1チームのキャップ、非常に流行ったものである。
やはり一番人気はフェラーリ、昔も今も人気です。
ほかに人気はマクラレーン、ロータス、タイレルあたりでしょうか。
 カラーで選ぶか、好きなチームで選ぶかが、悩む所でフェラーリ好きでも
赤はダメ、黒が好きなどという人はJPSロータスなどにするのでした。
品物は、きちんとした本物から安く出来の悪いものまで様々でした。
これは安いまがいものです。
とにかくみんなして被っていたものです。
これは流行monoでもあるのですが、身につける物として着monoの章に入れました。
ところで、外来語をカタカナで書くと時代によって違います。最近は発音に合うようになってきてます。
Vの発音などはヴと昔は使わなかったものです。
ちなみに、ここに出てくるチーム名も今はフェラーリ、この時代にはそうなっていましたが、その前は
フェラリー、今のマクラーレンはマクラレーン、今はF1にありませんが日本人も乗っていたティレル
この帽子のチームですが、その頃はタイレル、懐かしい響きです。


トップページに戻る